Profile

アメリ

Author:アメリ
キャラ紹介

line
カテゴリ
AIR (1)
Pos (1)
Var (1)
FAQ (1)
line
不許カウンター
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
ここはMUGEN不許キャラ紹介置き場です。絶対に許しませんよ!

保管庫 download | nicovideo.jp/mylist | 関連動画 | キャラ紹介記事 Characters
>> localcoord = 426, 240 ワイド対応(4:3,15:9,16:9) mugen1-4800(2/19)
>> Fighter Factory 3 beta 8.4 to RC3 Update 3 language ja-jp Japanese 日本語化(2/1)
>> Fighter Factory Ultimate 日本語化 Japanese.lng(1/6)
>> VxEditorのCNS,CMD,AIR,DEF向けの設定の定義ファイル

2013年
・8/18 syakoya 0.4 取りあえず完成。
・8/4 Cus-hina-san 4.5 ボールの様な状態の設定を追加。
・8/4 Cus-hina-san1-4.5 ボールの様な状態の設定を追加。
・7/16 AhojinGod 0.45 カス雛さんを叩いた時にExplodを出すのを追加。
・7/6 Ahojin 1x4 0.44 カス雛さんのカラー変更を追加。

2012年
・2/7 Ahojin 0.41 中ポトレ修正。(txt差し替え)
・1/15 AhojinGod 0.286.12(エラー修正版)

記事は気づいたら追記したりしてます。HIDARIのカテゴリから適当に探して見てね!使用については自己責任で。

MUGEN 1.1 beta!
新MUGENが正式版1.0になりました。win版のキャラがそのままでも使えます。win版のライフバーは画面の幅を3倍にして数字を書き換える必要があります(localcoord=1280,720の場合、1280, 960 で作った方が良いです)。キャラクターをワイド対応させるのにLocalcoordを追加するだけで大丈夫になりました。

 At own your risk.
スポンサーサイト
line
シャコ夜が出ていて見所が沢山あったと思います。
関連動画に追加しました。



このAIは大体キャラの趣旨に合うような動きをしてくれるのでだいたいそんな感じです。
キャラ性能的にはゲージが無い場合と対空は弱めに設定してありますが、
対空体当たりを当ててもリカバーされると不利になるのが見受けられたのが少々想定外ですね。
勘違いでなければですが。

強体当たりのみ完全無敵なので7Pから性能変更した方が幅が出せそうな気がします。
ゲージ溜めは1ボタンで60フレーム持続の挑発式にした方がおぜう様を投げやすくて使いやすそうな気もしました。
後はそうですね…
うん、ありがとう。
line
Localcoord4:3 から変更されると fall.yvelocityyaccelデフォルト値が変更した幅で再計算される為、数値で指定していないと浮き上がりが変化すると言うのがあります。

ですので通常は
fall.yvelocity=-4.5
yaccel=.35

を記述する必要がありますが、手作業で全てやったら面倒ですよね。

それを D&D でやってくれるツールが出来た様です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24288522



安全だとは思いますが使う際は一応注意しましょう。


単にフォルダ内のファイルの一括置換であれば秀丸、サクラエディタ、Notepad++等のテキストエディタで出来るのでそちらを覚えれば他の作業にも応用できます。

また、一括ワイド対応 の記事では repl_ace と言う置換専用ソフトを紹介しましたのでそちらを使うのも良いですが、1個2個の置換であればテキストエディタの付属機能の方が手軽で十分なので知らない方は使ってみる事をお勧めします。大体のソフトは編集か検索メニューにあるので探して見ましょう。


line
この動画を見て思い出したのですが、



 アホジンゴッド(5-12P)には初期の頃から相性診断機能がついていまして、途中で負けると相性診断が出来ないので次からは自動で攻撃状態を変える様になっています。この場合は本体Hitdefモードに移っています。また、勝った場合も有効かどうかの判断で行動が変わります。

 それだと困るので、見た目を重視する為に「同キャラ対戦スイッチ」と言うのがありまして、
[statedef -2][state -2, enemy is myself] がそれで同キャラ判定をして自分が相手の場合は var(29)=1 に設定します。値を1に設定すると相性診断を行っても特に何も判断せずProjモードのままになります。一回だけこれを設定した様な動画を見た気がしますが忘れました。

 アホジンゴッドの1-4PはHitdefも使うちょっと強いアホジンですが5-12PはHitdefの利用判断をした後でないと使わないので5-12PをProjキャラとして使いたい場合はこれが良いと思います。


誰も使わなさそうな割とどうでも良い機能です。

line
AIを見つけました。




そう言えば作った時に技を出してもゲージが減らない事があった様な。

line
line

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。