Profile

アメリ

Author:アメリ
キャラ紹介

line
カテゴリ
AIR (1)
Pos (1)
Var (1)
FAQ (1)
line
不許カウンター
line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
sub_line
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
検索フォーム
line
リンク
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
キャラクター、ステージ作成について(ライフバーとスクリーンパックは一緒にする必要があります)

もっと分かりやすい説明を作ったので、先ずは次のリンク先から読んで下さい。そしたら戻ってきて下さい。
 MUGEN1.0 GameWidth 画面幅(ワイド)と Localcoord について 16:9 15:9 4:3の記事。

・localcoord
 対象から見た画面の大きさを指定する項目で、localcoord = 横幅, 高さ ;と指定します。.def に記載します。winmugen のキャラクターは D0, D4 に関わらず localcoord = 320, 240 固定です。MUGEN 1.0 では標準の画面の大きさが 1280, 720になっていてこれだと大体 3倍の大きさで表示されています。
 この画面でキャラクターを作ろうとすると localcoord = 1280, 720 になり、winmugen のキャラクターと比べるととても綺麗になります。しかしこれだと横 4倍の縦が 3倍になるので、私が推奨する値scale = 1, 1localcoord = 320, 240 / 640, 480 / 1280, 960 です。ワイド画面に対応させるには localcoordWidth だけ書き換えればよいので、4:3 で作成して .def を複数用意するのが基本となります。工夫するとブログの一番上の超横長画像や下の画像の様に好きな大きさで遊べます。下に続きます。

1280----960










 そして、localcoord = 1280, 960 で作成したキャラクターの動画



キャラクターの記事


・localcoord の設定
 system.def, char.def, stage.def にあります。画面に合わせて勝手に拡大処理されるので比率さえ合っていれば表示は変わりません。よって、4:3 用とか 16:9 用とかで .def を作る必要が出てきます。画面の大きさは mugen.cfg で決定する為、本体を 4:3 / 16:9 と別々に用意しておくと楽です。これに複数本体でのキャラクターの共有を行っておけば、本体を増やして新しい画面ですぐ使える状態になります。
 但し、system.deflocalcoordライフバー (fight.def)localcoord となる為、ライフバーは複数種類作っておかないとsystem.defに合わせられなくなって小さく表示されたりしてしまいます。ワイドになるとライフバーそのまま拡大されるか画面に合わせて修正する必要が出てくるので、ライフバーだけ制作する場合は幾つか (4:3 と 16:9) を作らないと綺麗に見えない事があります。

 画面幅を変えた際の localcoord を求める計算式は、
求める比率の localcoord Width = 元の localcoord Width * 3 / 4 * GameWidth / GameHeight
です。 4:3 から 16:9 だと横幅が 4/3 倍になります。横で調整するので縦は変えません。キャラクターに限り縦の値は読まないのですが、キャラクターの動く画面幅がわかる様にちゃんと設定をしましょう。縦で調整したい場合はこの限りではありません。
 キャラクターから見た横幅を広げただけなので、その比率の画面で表示させると元と同じ大きさで表示されます。忘れやすいですが、ステージも同様に変更する必要があります。


・4:3 以外の .def の用意
 .def の名前に困ると思いますが、localcoord = 320, 240 のキャラクターであれば localcoord = 426, 240 になると思います。よって char.def であれば char-426.def にしましょう。Elecbyte の char/kfm と stages/kfm の方式は横はそのままで縦を削って合わせているのでちょっと違います、それと見やすさを考えて命名を別にしたと言う訳です。本当は 426.66666…なのですが、元々が 320 なのと、画面あわせをした結果 426 のが良いと言う事になりました。427 だと真ん中が発生してしまうので好ましくありません。
 localcoord = 1280, 960 のキャラクターの場合は localcoord = 1706, 960 になると思いますが、長くなるのと細かい値なので char-16x9.def にしましょう。2種類になってしまいましたが、後者の方が統一されるので良さそうですね。


・left, right, GameWidth, GameHeight, yaccel, fall.yvelocity
 さて、あなたのキャラクターはこの値を使っているでしょうか?Explod が無いとか攻撃が存在しないとかではない場合で使っていないのであれば、恐らくそのキャラクターはちゃんと作られていないでしょう。そんな事は無いと思うかも知れませんが使っていないと言う事はそう言う事になります。
 left, rightExplod に使いますが、向きで言うと1P側は left で 2P側の場合は right になります。左、右なのですからどう考えてもそうですよね。もしも left 片方でやっている場合は GameWidth が必須になるので GameWidth を使っていない場合は表示がずれる可能性が出てきます。left, right で表示させている場合は winmugen のキャラクターでさえ問題は起きません。大抵の場合は画面の幅はそもそも関係ありませんからね。ちなみに私は理由があって p1 で表示させています。
 GameWidth, GameHeightExplod に付ける必要がありますが、GameWidth を使う事はあまりありません。GameHeight は下に表示する様な物に対してはあると良いと思いますが、縦幅が縮まると言うのは localcoord の設定を間違える以外だと考えにくいです。寧ろ縦幅は広がる可能性があります。入れておいて損はないので入れておくと良いと思います。GameWidthwinmugen での互換処理を作ってあるのでどうしても winmugen キャラにしたい場合は記事を見て使ってみて下さい。
 yaccel, fall.yvelocity は罠的な扱いで、これらは velocity にも関わらず、kfm の基本的な攻撃に設定されていません。その為、殆どの人が設定しておらず画面の大きさが変わった際に velocity が変わってしまうと言った具合になっています。他の値に関しても同じ事が言えますが、他の値は省略されている事はまずないのとground の値が air や guard に適用されるので大抵は問題が起こりません。よって、単に書いて無いので問題となります。winmugen では画面の比率が固定で初期値が 0 ではないので問題が発生しなかっただけなのです。Hitdef (Projectile) 全てに設定しましょう。初期値は
yaccel = .35
fall.yvelocity = -4.5

です。これを Hitdef の終わりにペタッと貼り付けましょう。
 以上になります。今挙げた項目は確認しましょう。


・一括変更
 画面比率を変えたいなと思った時に、localcoord だけ修正したファイルを一括で追加する方法です。
>> localcoord = 426, 240 ワイド対応(4:3,15:9,16:9 mugen 1.0)の記事
読むと難しい様に見えるかも知れませんが、バックアップが取れるので便利です。


不具合が発生しない様に全部小文字で書きましょう。
スポンサーサイト
line
 なんとなくありそうな質問と回答。
まずはreadme.txtを読んで下さい。それから.defファイルは大抵設定ファイルで中に説明があるので読んでください。

本体
Elecbyte

mugen1.0 16:9 ワイド
mugen.cfg GameWidth GameHeight 画面の大きさ
640x480 が winmugen で言う D4サイズ(2倍)です

 単に 16:9 にしただけだとキャラクターからみた横幅が変わらず見た目上キャラクターやステージが大きくなるだけで 4:3画面の上下を切った状態になります。.def ファイルの loocalcoord426, 240 (16:9)にしてキャラクターが依存する画面幅を変更する必要があります。
 localcoord の記事に .def を一括変更して複製する方法があります。

localcoord = 426, 240
type = Explod
postype = left; right
pos = 0, 0
scale = 1*GameWidth/320.0, 1 ;GameHeight/240.0

;mugen.cfg

[Config]
;Game native width and height.
;Recommended settings are:
; 640x480 Standard definition 4:3
; 1280x720 High definition 16:9
; 1920x1080 Full HD 16:9
;GameWidth = 320 ;4:3
;GameHeight = 240 ;4:3
;GameWidth = 400 ;15:9
;GameHeight = 240 ;15:9
;GameWidth = 426 ;16:9
;GameHeight = 240 ;16:9
;GameWidth = 1280 ;48:9
;GameHeight = 240 ;48:9
;GameWidth = 640 ;16:9
;GameHeight = 360 ;16:9
;GameWidth = 1280 ;8:3
;GameHeight = 360 ;8:3
;GameWidth = 600 ;4:3
;GameHeight = 450 ;4:3
;GameWidth = 800 ;16:9
;GameHeight = 450 ;16:9
;GameWidth = 640 ;4:3
;GameHeight = 480 ;4:3
;GameWidth = 800 ;15:9
;GameHeight = 480 ;15:9
;GameWidth = 854 ;16:9
;GameHeight = 480 ;16:9
;GameWidth = 720 ;4:3
;GameHeight = 540 ;4:3
;GameWidth = 960 ;16:9
;GameHeight = 540 ;16:9
;GameWidth = 1920 ;32:9
;GameHeight = 540 ;32:9
;GameWidth = 960 ;4:3
;GameHeight = 720 ;4:3
;GameWidth = 1200 ;15:9
;GameHeight = 720 ;15:9
GameWidth = 1280 ;16:9(default)
GameHeight = 720 ;16:9(default)
;GameWidth = 1920 ;8:3
;GameHeight = 720 ;8:3
;GameWidth = 1280 ;4:3
;GameHeight = 960 ;4:3
;GameWidth = 1580 ;15:9
;GameHeight = 960 ;15:9
;GameWidth = 1600 ;15:9
;GameHeight = 960 ;15:9
;GameWidth = 1704 ;16:9(426,240)
;GameHeight = 960 ;16:9(426,240)
;GameWidth = 1706 ;16:9
;GameHeight = 960 ;16:9
;GameWidth = 1708 ;16:9(427,240)
;GameHeight = 960 ;16:9(427,240)
;GameWidth = 1440 ;4:3
;GameHeight = 1080 ;4:3
GameWidth = 1920 ;16:9
GameHeight = 1080 ;16:9


Language = "ja"
DrawShadows = 1
AfterImageMax = 30
LayeredSpriteMax = 11200
SpriteDecompressionBufferSize = 36384 ;5120
ExplodMax = 5000
SysExplodMax = 64
HelperMax = 56
PlayerProjectileMax = 5000


[Debug]
AllowDebugMode = 1


英語
google翻訳

設定
日本語設定
localcoord
data/mugen.cfg
data/mugen1/fight.def
data/select.def
data/mugen1/system.def

screenpack スクリーンパック(system.def)
lifebar ライフバー(fight.def)
add-on アドオン(op.def, ed.def, etc.)

Option
readme.txt

キャラクター登録
data/mugen.cfg
data/mugen1/select.def (ここに登録します)
data/mugen1/system.def
screenpack
add-on
big60 big120
mugen1-4800
(.sff は入っていませんので data/mugen1 フォルダの物を写してください)

sm17930984CharaRegister.zip (使った事はありませんが)


操作
OptionのKey Config
readme.txt
技はキャラクターの.cmd(テキストファイルなのでメモ帳等で)

カラー選択
OptionのKey Config
readme.txt

キャラ制作
日本語設定
localcoord
readme.txt
mugendocs(全て必読)tutorials
wiki
char/kfm(MUGEN1.0に付属しているので最初はここから変更しましょう)

mugen付属の tools/sprmake , sprmake2 かその他のsff,snd作成ソフト
Fighter Factory 3 (パレットが同じ画像を自動的に並べる)
SffAirEditor
SffAirMaker2

古い物
Fighter Factory Ultimate 2.6 (パレットが同じ画像を自動的に並べる)
Fighter Factory Ultimate 2.5 (小ポートレート以外は並び替えない)
Fighter Factory Classic
MCM

デバッグ data/mugen.cfg allowdebugmode = 1
ステートコントローラー一覧
トリガー一覧
テキストエディタ(UTF8を表示できるVxEditor, Notepad++, SakuraEditor, K2Editor等)

パレット
.act
パレットは最初に作りましょう
PhotoShop
DxPaletteEditor
DPixed (Windows7以降でパレットを変更してパレットを保存しようとすると止まります。画像を保存は大丈夫)
SffAirEditor
Fighter Factory 3

パレット統合(256色以下のインデックスカラー画像に対して)
PmpClean(作ったパレットを画像に適用する)
unifybmp(近似色を勝手に統合する為注意)
PalletteScope(パレットを弄る)


デバッグ
readme.txt
data/mugen.cfg allowdebugmode = 1
Ctrl+D
Ctrl+C
DisplayToClipboard
Spcaeキー
Fキー
Ctrl+Fキー
Shift+Fキー Shift+F4 Shift+F8

KOの音やライフバー等を消したりしたい
AssertSpecial
RemoveExplod

ステージ、背景を消したい
ステージ作成

新旧winMUGEN1.0(DOS)
 キャラの対応は特に1.0からWinにするのは出来ない場合があります。1.0のキャラを制作出来る知識が無いと無理です。動かなくなるとは思いますが簡単に行うには新MUGENにしかないステートコントローラーやトリガーを削除します。DOSからWinはツールがあると思います。Winから1.0は本体が対応しているので特にする必要はありません(多分)。
 localcoordを適切に設定すれば殆どのキャラやライフバーは4:3の画面でそのまま使えますし16:9でも縦はそのままなので横の表示幅が足りない程度で使えるはずです。スクリーンパック(アドオン)は画面に合わせて数値を変更しないと無理です。


動画作成、動画編集
 AmarecCo(アマレココ)で録画
 aviutl、拡張編集で編集
 拡張x264出力 h264/aacでMP4出力


見つからない
本体はreadme.txt
キャラクター、ステージはキャラ制作
ライフバー、アドオンならmugen.cfg > system.def > fight.def > select.def
絵や音はとにかく作る事

大抵のファイルはtxtなので取りあえずメモ帳で開いてみましょう。
メモ帳よりもK2Editor、Notepad++、SakuraEditor等のが良いです、UTF8を扱える必要があります。

line
・Ahojin / キャラ紹介記事 Characters
リンクの保管庫からdownloadしてください cns & sff 1x4 0.42

・Localcoord = 1280, 960 への対応。

MUGEN1.0以降専用です。
画像を少し修正しました。
基本的に4倍にするだけなので単純作業です。



4:3 と 16:9 用の .def が入っているので使ってみてください。
Ahojin.txtに計算式を書いておいたので他の比率で使う場合は自分で計算してください。


画面が大きいのは良い事ですね

ahojin1_9000-0_portrait.png

これでも小ポトレ

line
・設定方法
Victory Screen を使う場合はsystem.def で有無を設定します。デフォルトは 1 です。
[Victory Screen]
enabled = 1
(以下詳細設定)

これだけです。


・キャラクター側の対応
9000,2 のスプライトが必要です。
画像の大きさはキャラが Localcoord = 320, 240 の場合に左上基準で横幅120、高さ115です(多分)。
勝ったキャラしか表示されない上に前景を被せるので画像を大きく作ったとしても問題ありません。
ぴったりではなく、キャラのLocalcoord の縦幅分あると色々使えて良いと思います。

.cns 内に
[Quotes]
victory1 = "Victory Text."
を記載する必要があります。
1.0以降の kfm を参照すればわかります。

[ja.Quotes] を使う場合は言語の設定をしてください。

ステートコントローラーを使えば任意の victory quote を表示させる事も可能です。


・言語の設定
mugen.cfg を開いて Language を設定します
;Preferred language (ISO 639-1), e.g. en, es, ja, etc.
;See http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_ISO_639-1_codes
Language = "ja"


記載が無いと何も表示されないだけで問題はありません。


・日本語化、フォントの変更
 キャラクターの DisplayName 等を日本語化するにはフォントの変更が必要です。左のメニューから日本語設定をご覧下さい。

line
・ポートレートだけ綺麗にする方法
 下まで読むと実際に加工して作ったキャラクターの動画があるので見ていって下さい、ダウンロードも出来ます。




少し手間が掛かりますが見栄えが良くなります
Localcoord は好きな値で構いませんが画面の大きさが何倍になったかを考えて値を修正してください。
640, 4801280, 960 になるとおもいます。

動画に説明を入れるのを忘れましたが、[Data] 以下の値も4倍に書き換えないと移動が小さくなってしまいます。



動画だと見づらいですがこの位差があります。
是非やってみて下さい


上の画像は大きすぎると思うかも知れませんが元の1.33倍です。小ポトレが100x100なので・・

mugen2212.jpg

アホジンが x16 になっているのはキャラを scale = 4, 4 にしているからなのですが
解像度を基準にした16倍より拡大率の4倍の方が分かりやすいと思いました。
D0 x4, D4 x0.5, D4 x1, D16 x1, ...


 localcoord = 1280, 960 で作っておけばポトレやキャラの画像の解像度は加工か scale で適当に合わせればよいので好きな風に作れます。Localcoord を後で変更すると二度手間なので先に大きくしておくと言った所です。勿論 scale = 1, 1 のままの方が制作はしやすいです。
 本来の高解像度キャラクターは scale = 1, 1 でキャラクターの大きな画像も入れる事になるので、今回の説明はポートレートとヒットスパークだけを綺麗にしたい時にはこういう手法がありますと言う認識でお願いします。


・Localcoord = 1280, 960 のキャラクター
 キャラクターを公開しました。
MUGEN 1.0 対応です。
記事を見る



制作当初から1.0で確認をしていたので特に問題ないと思います。
説明の通りポートレート等の画像を入れ替えただけです。

画面が広がっても今までと同じ数値の感覚で制作したいと思いますので、式に4倍を付けておけば良いと思います。

但し当然ですがトリガーは Localcoord の大きさを基準にした値を返すので

pos = floor(pos x/(4) + 30)*(4)
または
pos = floor(pos x) + 30*(4)
と言った具合に式を書くと良いでしょう。

4倍の *4 を括弧書きにしてあるのは winmugen の D0 からの倍率と言うのをはっきり判断出来る様にする為です。
この様に一見して判断できないと後で消してしまう恐れがあるので注意して書きましょう。

line
line

line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。